地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」

紫陽花(あじさい) 【もみじや 鴻巣市 いがまんじゅう 和菓子】

御菓子司もみじや

そろそろ、梅雨の足音が、聞こえくる、この頃ですが、いかがおすごしでしょうか?
当店では、梅雨時期でも、目と舌で愉しんで頂けるように、創意工夫をして、皆様に喜んで頂けるよう商品ラインアップを取り揃えております。


↑↑↓↓←→←→ⒷⒶ 

オバンでやんす 田舎の和菓子屋です
今回ご紹介いたしますのは、紫陽花 です。

求肥の白あん包み、錦玉羹仕上げ。という感じの紹介になっております。
が、もう少し嚙み砕いてみます。

錦玉羹は、きんぎょくかん とお読みください。
寒天と糖類を煮詰め、冷やし固めた菓子。着色せずに、限りなく透明に仕上げる事が、和菓子職人の基本的な技術と言われおります。ゼラチンとは、違う、海草から出来た、寒天ならではの食感が魅力かもしれません。

求肥は、ぎゅうひ とお読みください。牛皮や牛肥とも表記します。
白玉だんご の 白玉粉と水、砂糖を火にかけ練り上げた菓子。 元々、中国から伝わった頃は、牛皮糖として伝ったが、畜肉を食す事が、なかった為、求肥となったと伝わります。
火にかけ、練りながら、温度を下げることなく、砂糖類を入れ、素早く練ることが、和菓子職人の基本技術だそうです。

紅コウジ・スピルリナを使い着色した、錦玉羹を冷やし固め、細かく刻んみ、細かくサイコロ状に切った 求肥 を 白あん で包んだ物に、まぶして、再度、透明な錦玉羹をかけた菓子が 四葩 紫陽花 です。結構、簡単にできます。

私のような者でも、基本的な技術を忠実を行うことで、和菓子職人としてやっていけます。
まぁ、テレビや雑誌などで聞こえる、何十年もの修行は、必要ないかなぁと思います。
日々精進と鍛錬は必要ですが、割と簡単ですよ。和菓子作り

また、次回の講釈で

基本情報

名称御菓子司もみじや
フリガナオカシツカサモミジヤ
住所365-0045 鴻巣市氷川町40-12
アクセスJR鴻巣駅西口より徒歩15分
電話番号048-542-0150
ファックス番号048-542-0150
メールアドレスmomijiyakonosu@outlook.jp
営業時間
日曜日
08:30~18:00
月曜日
定休日
火曜日
08:30~18:30
水曜日
08:30~18:30
木曜日
08:30~18:30
金曜日
08:30~18:30
土曜日
08:30~18:00

第3火曜は定休日です。

禁煙・喫煙受動喫煙対策による禁煙・喫煙についての最新情報は、店舗にお問い合わせください。
クレジットカードVISA/Master/JCB/American Express/Diners Club/Discover
電子マネー・その他楽天Edy/WAON/nanaco/交通系ICカード(*)/iD/QUICPay/VISA Touch/楽天ペイ/PayPay/Apple Pay/LINE Pay/d払い/メルペイ/au PAY
駐車場なし
Facebookアカウントhttps://www.facebook.com/%E5%BE%A1%E8%8F%93%E5%AD%90%E5%8F%B8-%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%98%E3%82%84-274678516796518/
Twitterアカウントhttps://twitter.com/inaka_kasiya?t=5Y2p1P0p89HFJJr-8NBd0w&s=09
Instagramアカウントhttps://www.instagram.com/momijiya_konosu/
関連ページInstagram
Facebook
こだわり