地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」

花びら餅って知ってます?

御菓子司もみじや

求肥に白あんを混ぜ、黒文字でも食べやすくしました。「花びら餅って知ってます?」

求肥に白あんを混ぜ、黒文字でも食べやすくしました。

こんにちは!まだまだ、寒さが身に染みる。田舎の和菓子屋です。
1月になると、茶道では、「花びら餅」を使って、初釜を行うことが、多いようです。
そこで、知ってそうで知らない、花びら餅の小噺を一つご紹介させていただきます。

 平安時代から、正月のお歯固め、の行事とういものが、宮中の重要な儀式であったそうです。この儀式は、餅を歯で噛むとういもので、歯は、齢(よわい)に通じ、歳を固めるという事から、長寿を意味する、おめでたい儀式であったそうです。
 この時に、用いる餅を、蓬莱飾り(ほうらいかざり)の鏡餅(かがみもち)と、菱餅(ひしもち)の包み、雑煮にがあったと、云われています。
 時は進んで、明治時代、京都の川端道善とう人物が、蓬莱飾鏡餅と菱餅雑煮を模した、お菓子を作り出します。それこそが最初の「花びら餅」だと云われています。 諸説ありますので、ご注意ください。
 最初の花びら餅は、白餅を丸めて、平に延ばして、小豆の煮汁で染めた、菱形の餅を重ね合わせ、ゴボウの蜜煮を2本置いて、押し鮎に見立て、雑煮を表す為に、白味噌あん、を使ったと聴いております。
 鮎は、年魚(一年で一生を終える魚)で、鮎の尾頭を切り取ったものを、元旦に備えたと、「土佐日記」にも書いてある、おめでたい物だそうで、その鮎をゴボウで表現したのかは、謎のなのですが‥‥ 知っている人がいたら、教えてください。
 そこから、茶道や宮中などの世界などでは、使われていたと思うのですが、昭和になって、国営放送の料理番組、「今日の料理」でH氏(泣く子も黙る和菓子会のドン、あっ私の師匠です)が紹介した事で、全国的にお正月の和菓子として、広まったと、本人が申しておりました。深層は、知りません、まだ恐いので聞けません。
 和菓子屋それぞれで、餅粉、白玉粉、を使った求肥だったり、外郎製、雪平製、紅の部分の形が、違ったり、ゴボウが1本や、2本など様々です。私が作ってきた花びら餅だけでも、15種類は最低でも、ありました。お気に入りの「花びら餅」を見つけてみてはいかがでしょうか?
 和菓子の云われは諸説あり、花びら餅でも、子孫繫栄、和合折衷などありますので、お近くの和菓子屋さんに聞いてみると、面白いかもしれません。
また、イロイロとご紹介出来たらと思います。

基本情報

名称御菓子司もみじや
フリガナオカシツカサモミジヤ
住所365-0045 鴻巣市氷川町40-12
アクセスJR鴻巣駅西口より徒歩15分
電話番号048-542-0150
ファックス番号048-542-0150
メールアドレスmomijiyakonosu@outlook.jp
営業時間
日曜日
08:30~18:00
月曜日
定休日
火曜日
08:30~18:30
水曜日
08:30~18:30
木曜日
08:30~18:30
金曜日
08:30~18:30
土曜日
08:30~18:00

第3火曜は定休日です。

禁煙・喫煙受動喫煙対策による禁煙・喫煙についての最新情報は、店舗にお問い合わせください。
クレジットカードVISA/Master/JCB/American Express/Diners Club
電子マネー・その他WAON/nanaco/交通系ICカード(*)/iD/QUICPay/楽天ペイ/PayPay/Apple Pay/LINE Pay/d払い/メルペイ/au PAY
駐車場なし
Facebookアカウントhttps://www.facebook.com/%E5%BE%A1%E8%8F%93%E5%AD%90%E5%8F%B8-%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%98%E3%82%84-274678516796518/
Instagramアカウントhttps://www.instagram.com/momijiya_konosu/
関連ページInstagram
Facebook
こだわり