地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」

鴻巣おすすめランチ特集!!

【再訪】川幅うどん発祥店! 行列のできる川幅うどん「めん工房 久良一」

絶品!! 後味スッキリながら出汁がよく利いた、冷製川幅うどん!

めん工房「久良一」は、メディアなどでも度々取り上げられる人気の手打ちそば・うどん店です。

2015年に行われた「第12回 埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」でも優勝した、鴻巣の川幅うどん。

さらに先日2018/11/10・11、熊谷で行われた「第8回 全国ご当地うどんサミット」でもアルゼンチン大使賞を受賞した、鴻巣の川幅うどん。

「久良一」は、うどん界の新星として幅を利かせている(川幅だけに)この鴻巣のご当地グルメ・川幅うどん発祥の店なのだそうです!!

 

発祥の店であることを知ってか知らずかお客さんが多くて平日でもいつも混んでいるのですが、それは並んででも食べたいと思ってしまう人が続出という訳があるからです。

 

出汁がよく利いた、後を引く絶品川幅うどん!

一度食べたらもう忘れられなくなるその理由をお伝えしていきます。

冷製川幅うどん。夏の食欲がない時でも一気に食べてしまうおいしさ

お店に伺う前に、Googleで「久良一」を調べてみると、予測変換に【メンバーカラーがあることでお馴染みの某女性アイドルユニット】の名前が…。

 

どうやら紅白にも出たそのアイドルユニットのファンの間では、「久良一」は川幅うどんの名店というだけでなく、メンバーが訪れた店、さらにはご主人が昔からそのアイドルユニットのファンということで有名なようです。

Twitterでもご主人とファン仲間だという方が「久良一」をオススメ店としてご紹介されていました。

和の雰囲気で統一された店内にはサインがたくさん!

当のアイドルユニットのサインは、堂々のセンターに鎮座していてます

ファンの方達が拝みに訪れたりもしているようです

今回は冷製川幅うどんと

川幅みそ煮込みうどんを注文

卓上には据え置きで出汁醤油とゴマ油があります

麺の厚みはイメージしていたより薄くしなやかさがあります

冷製川幅うどんは「とぅるん」とした食感で、サッパリしていながら出汁が利いた旨味の強いスープがよく染みています。

このスープがまた、飲めば飲むほどさらに飲みたくなってしまう不思議な旨味を持っています。

できることなら水筒に常備して、定期的に補給したい味です。

 

麺は「モチモチ」と感じるちょうど良い弾力と「とぅるん」とした滑らかさ、両方の食感を併せ持っています。

冷たいと食べやすくて一気にすすってしまいそうですが、喉につまらせないように少しずつちぎっていきましょう。

川幅うどんをどけると下には普通のうどんも隠れていました

こちらは先ほどのメニューにあった川幅みそ煮込みうどん

食べる前は夏バテ気味でちょっと食欲がなかったのですが、食べ終わる頃には気づけば「もっと食べたい!」状態になっていました。

 

帰りにご主人と少しお話させてもらいましたが(とても気さくな方でした!)、趣味で音楽もやっているそうで、お店の天井にはギターやドラムも飾られていました。

なんとなく「旅先で出会うお店」といった風情でマッタリしてしまう空気感、居心地の良さを感じました。

 

そして…久良一を訪問してからというもの、度々あの出汁の利いたスープが染み込んだ川幅うどんの味が脳裏にザッピングしてきて、無性に行きたくなってしまう衝動にかられるようになりました。

川幅みそ煮込みうどんを食べた同行者も同様の意見で、いったいどういう出汁の取り方をすれば、あの食べやすいさっぱり感と深みのあるコク・旨味が出せるのか不思議でなりません。

 

こんなにも後味はスッキリしているのに、「また食べたい」という気持ちが後を引き続けるとは、久良一恐るべし…。

 

すっかり久良一の川幅うどんに心を捕らわれてしまいました。

川幅うどんに興味のある方は絶対に一度は行ってみてほしいお店です。

 

次は「川幅白だしうどん」、行ってみようかと思います。

めん工房 久良一

所在地

〒365-0037

埼玉県鴻巣市人形4丁目1−36

営業時間 昼…11:30~15:00
夜…17:30~21:00
日曜日は昼のみ営業
TEL 048-542-5542

関連記事