地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」

こうのす花火大会 お役立ち情報

第17回(2018)こうのす花火大会 有料観覧席チケット購入方法!

まだ間に合う! 関東屈指の花火大会を間近で観覧しよう!

第16回(2017)こうのす花火大会フォトコンテスト

【銅賞】受賞作品 撮影:S.Y様

「迫力ある花火大会を至近距離で観覧したい・・・」

「花火大会に行きたいけれど、場所取りが面倒くさい・・・」

「家族でゆったりと花火が見たい・・・」と思っているそこのアナタ!

 

大迫力のこうのす花火大会を、有料観覧席で楽しみませんか?

 

迫力満点! 場所取り不要! 感動必至!

 

特に、こうのす花火大会の有料観覧席で観る四尺玉はその大きさもさることながら、身体で受ける衝撃は想像を遥かに超えます。これは有料観覧席でしか味わえない体験です!

思い出に残ること間違いなし!

有料観覧席 座席マップ

座席について

有料観覧ブルーシート(4名):¥15,000
    エリア(A-F)
 1区画 1.8m x 1.8m

有料観覧イス席(1名):¥5,000
有料観覧イス席(ペア):¥4,500
 エリア(G-M)
 椅子はパイプ椅子になります。

※有料観覧ブルーシート(4名)=最大4名様がお座りになれる程の大きさのシートになります。
 2名様での利用も可能です。


※有料観覧イス席ペア=1組2枚単位での販売となります。(お一人様4組8枚まで購入可能です。)
!合計枚数が8枚以内の組み合わせとなるようにお選びください!

○連番の場合は、前後左右いずれかの近くになります。
○荒天の場合は翌14日(日)に順延となります。
○一度販売した券は払い戻しをいたしません。
○写真撮影での三脚等の使用は、花火観覧の妨げとなるため御遠慮願います。
○雨天の場合は、レインコートを着用頂き傘の使用は御遠慮願います。
○花火開始間際は入口付近が大変混雑いたしますので、早めの入場及び着席をお願いいたします。
○お車でお越しになる場合は、交通規制(16:00~予定)や有料駐車場が満車になる場合もありますので、予めご了承ください。
○未就学児童は無料(但し、保護者の膝上のみ可)

↓↓↓イープラスでのチケット購入はコチラ↓↓↓

 

e+(イープラス)

そのほか、全国のファミリーマート【Famiポート】でも購入できます。

 

花火マニア・安斎幸裕に聞く 有料観覧席がおすすめな3つのワケ

 

こうのす花火大会を観るなら、やっぱり有料観覧席! 迫力ある「音と光の芸術」を間近で楽しもう!!

 

「花火は無料で観るもの」と思われている方も多くいらっしゃるかと思いますが、花火マニア・安斎幸裕がおすすめするのは、やっぱり「有料観覧席での花火観覧」です。

なぜ有料観覧席がおすすめなのか?

花火マニア目線でおすすめポイントを3つに絞りご紹介します。

 

1) 至近距離、そして最高のロケーションで花火が楽しめる!


花火打ち上げには保安距離があり、近くで見ようと思っても立ち入りが禁止されてしまいます。この「保安距離ギリギリに設定」されているのが有料観覧席です。お金を頂戴し観覧いただく席なので、最高のロケーションで花火が見られるよう配置されています。

 

また花火、特に小型煙火(地面から扇形や火柱のように打ち上がる花火)には最もきれいに見える位置として「正面」があります。この正面が有料観覧席に向くよう、適切に花火が配置されています。「花火を正面で見られる」というのも有料観覧席の特権です。こうのす花火のクライマックスプログラムである「鳳凰乱舞」は視界からはみ出るほどの大きな花火が間近で、しかも正面で楽しめます。


2) 耳と身体で体感、花火の光だけでなく音も堪能できる!


打ち上げ場所から近い位置にある有料観覧席では、花火との距離が近いため、光だけでなく迫力ある花火の音も体感できます。花火打ち上げ位置から離れると、音と光にはズレが生じますが、有料観覧席は至近距離なため、ほぼ同時に楽しむことができます。上空約750mに広がる超大玉花火「四尺玉」は、耳が張り裂けるほどの大音量&衝撃を体感することができます。

 

また近年、スタンダードになりつつあるミュージックスターマイン(音楽連動花火)は、会場内のスピーカーから音楽を流し、それにシンクロして花火が打ち上げられます。このスピーカーについても有料観覧席に適切に配置されているため、まるでライブ会場にいるような迫力ある音響も楽しむことができます。

こうのす花火大会では投票で音楽を決定していて、今年2018年の投票の最終中間発表が公式ブログで公開されています。8/18時点での1位は『打上花火 [ DAOKO×米津玄師 ]』ですが、最終発表は本番でとのことなので当日のお楽しみですね!


3) 場所取り不要、お子様連れでも安心して花火が見られる!


やはり何と言っても、有料観覧席最大の魅力は「場所取り不要」ということです。有料観覧席は予め場所が決まっていますので、花火開始時刻に合わせ、ゆっくりと会場へ向かうことが可能です。何時間も並ぶことが不要なため、特にご家族(お子様連れ)にご利用いただきたい席です。足腰が不自由な方も、有料観覧席ならゆっくりと、安心して観覧いただくことが可能です。

有料観覧席で、思い出に残るこうのす花火大会をお楽しみください!

この記事に関するキーワード